データ通信量(ギガ)

【騙されるな】LINEモバイルでTwitterの動画は使い放題ではない。

「LINEモバイルってTwitterが使い放題だから動画の再生もし放題なんでしょ?」



「騙されないで!実はデータフリーじゃない場合があるんだよね。」



主要な4つのSNS(LINE、Twitter、Instagram、Facebook)が使い放題なだけでなく、月額3,000円以内で抑えることが簡単にできちゃうため、子育て世代や中高生を中心に話題沸騰中のLINEモバイル。


「Twitterの動画って全て使い放題なの?」と疑問に思っている方も多いと思います。


そこで、この記事を読めば、あなたも次の内容についてしっかり理解できますよ!

・LINEモバイルにおいて「Twitter」の動画は果たして使い放題(データフリー)なのかどうか
・そもそも、Twitterは全て使い放題なんじゃないのか?について
・じゃあ、他の動画はどうなの?(ストーリー、igtv、LINEビデオ通話など)

LINEモバイルにおいて「Twitter」の動画は果たして使い放題(データフリー)なのかどうか

結論からお話ししますと、基本的には、LINEモバイルにおいて「Twitter」の動画は使い放題(データフリー)です!!

「よし、これで心置きなくTwitterが使えるぞ!」

ちょっと待ってください!実は、例外があるんです。これを見ておかないと「あれ?ギガ使い切っちゃってるみたい」なんてことになりかねません。


「一体どういうこと?」と気になる方も多いことでしょう。


まず、LINEモバイルの公式サイトに掲載されているデータフリー(使い放題)な動画視聴方法などを見てみることにしましょう。




一番左の内容に注目して欲しいのですが、「Twitterの機能を使って投稿されたツイート」はカウントフリー(使い放題)の対象となっています。


ちょっとわかりにくいですよね。そこでもう少し掘り下げてみます。

LINEモバイルではTwitterへの動画の投稿はカウントフリーの対象

Twitterの公式アプリ、Web版Twitterからの動画の投稿は、基本的にカウントフリーの対象になります。そのため、データ通信量はカウント(消費)されません。さらに、仮に通信速度制限がかかった状態でも通信速度が全く落ちません。



Twitterアプリ(Twitter for iPhoneまたはTwitter for Android OS4.1以降)では動画の録音はもちろん、編集、保存もできますし、フォロワーと共有することもできます。また、ご利用いただいている端末に保存されている動画もアップロードできます。


ウェブ版Twitterからも通信量を消費せずに動画をアップロードできます。



要するにTwitterの投稿機能だけを使って投稿していれば使い放題というわけです。



話が少し逸れますが、Twitterに投稿できる動画は最大2分20秒までとなります。また、6.5秒以下の動画は全て自動的にループ(繰り返し)再生されるんですね。


公式サイトはこちらからどうぞ

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!



LINEモバイルではタイムラインの動画の再生はカウントフリーの対象



Twitterアプリから投稿された動画の再生は、全てデータフリー(使い放題)の対象になります。タイムラインに表示された動画を再生しても、データ通信量はカウントされません。こちらも通信速度制限がかかった状態でも通信速度が全く落ちません。



ただし、例外もあります。外部サイトを埋め込む方法により再生される動画(YouTubeなど)を再生した場合はデータ通信料がカウントされます。この点には十分ご注意ください。

詳しくはこの後解説します。







LINEモバイルでTwitter動画がデータフリー(使い放題)ではない場合

ここからは、LINEモバイルでTwitter動画がデータフリー(使い放題)ではない場合を紹介します。

普段何気なくTwitterを使っていれば、気になるツイートにあるURLリンクをタップして、ニュースサイトやブログ、画像・動画サイトなど、「Twitterではないサイト」を開いて閲覧することは比較的多いと思います。

動画に限っては自動的に再生されることもありますよね。


一体何が使い放題で何がギガを消費してしまうのか、ここをしっかり確認しておかないと通信速度制限まっしぐらですので、要チェックです。


早速ですが、対象外となる動画の再生をまとめてみました。

外部サイトを埋め込んだ状態で再生される動画(YouTubeなど)はデータフリー(使い放題)の対象外


こちらも、まずはLINEモバイルの公式サイトにある説明をチェックしてみましょう。


左から2番目のツイートに含まれるYouTubeなど動画サイトの閲覧という項目について、もう少し掘り下げて説明しますね。



Twitterでは、公式アプリから動画を投稿すること以外にも、YouTubeなどの動画を投稿することもできちゃいます。


YouTubeのURLをコピーして、それをツイートに貼り付けるだけで、動画を投稿できちゃうんです。また、YouTubeの映像画面の下にある「共有」→「Twitter」を選択して動画を投稿することも可能なんです。


このような外部のサイトを埋め込む方法(貼り付け含む)により投稿されている動画を再生した場合は、残念ながらデータフリー(使い放題)の対象外となってしまいます。

Twitterの投稿機能を使って投稿していないから当然ですよね。

この場合、通常のデータ通信料がカウント(消費)されてしまいます。そして、速度制限がかかってしまうと通信速度がガクンと落ちます。



Twitter社が提供するライブストリーミング動画(Periscope)はカウントフリーの対象外

次に、ライブ動画(Periscope)の配信、閲覧についてです。


Periscope(ペリスコープ)はTwitter社が最近開発したライブ配信ができるアプリです。


Twitter社が提供するライブストリーミング動画サービスですが、これはなんと視聴も配信も全てカウントフリー(使い放題)の対象外になってしまいます。全て、通常のデータ通信量がカウント(消費)されます。さらに速度制限がかかると一気に通信速度が落ちてしまい、視聴しにくくなってしまうんです。


話が少し逸れますが、ツイキャス、ニコ生、Amebastudio、ふわっち、Showroomなどのライブ配信サービスは全てカウントフリー(使い放題)の対象外ですので要注意です。

【素朴なギモン】インスタの動画(ストーリー・igtv)・LINEのビデオ通話は動画だけど使い放題なの?



結論からお話ししますと、公式サイトにもあるように、Instagramの動画(ストーリー・igtv)、LINEのビデオ通話はどれも使い放題(データフリー)となります。


これは、Twitterのタイムラインに流れてくる動画の再生と同じく、アプリ上で使用しているからですので、外部リンクへ飛ぶこともありませんし、問題なく使うことができますね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Twitterの動画再生は、アプリ内であればOK、外部リンクが関係するとNGということですね。


単に公式アプリのみを使った動画の投稿、保存、再生は問題なく使い放題になります。


気をつけたいのが、「ライブ配信系」は全てギガ(通信量)を消費します。使い放題ではありません。

ただし、外部リンクを埋め込んだ動画は自動再生されてしまい、無駄なギガを消費してしまいますので、無駄な通信量消費をおさえるためには各SNSアプリの設定で自動再生をオフにしておくと良いですね!


動画をたくさん投稿・視聴する方への乗り換えの参考になりましたら幸いです。

公式サイトはこちらからどうぞ!

LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!

ABOUT ME
ばたお
はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。