Q&A

【危険】LINEモバイルのセキュリティ対策にウイルスバスター必要?

かな
かな
LINEモバイルのセキュリティ面は大丈夫なの?
お母さん
お母さん
安いから危険なんじゃ?と思っちゃうわよね。ウイルスバスターが必要なのかも教えるわ

最近、女優の本田翼さんがCMでキュートなダンスを披露していると話題のLINEモバイル。

格安スマホは安い分、大手携帯電話会社が販売する高級スマホに比べてセキュリティ面が弱いのでは?と心配ですよね。特にAndroid端末は最近とても安く、1〜2万円程度買えてしまうので、その分セキュリティ面で不安が出てくるかと思います。

ニュースでも「個人情報流出」「紛失」など、セキュリティ面が弱いばかりに毎日のように起こっています。

これは他人事ではなく、皆さん自身も考えなければなりません。私の周りにもLINEやTwitterのアカウントが乗っ取られている方がいます。

特に女性はこのセキュリティ面で気をつけないと、現在位置が特定さレてストーカーに追いかけられたり、SNSのアカウントが乗っ取られて変な投稿をされてしまったりなど、危険な目に遭ってしまいます。

そこで今回はLINEモバイルがセキュリティ面で危険なのか、またウイルスバスターは必要なのかについてご紹介していきます。ぜひ危険から身を守る手段を身につけてくださいね。

LINEモバイルのセキュリティは大丈夫?

結論からお話しすると、iPhoneをお使いの方はLINEモバイルは特にセキュリティ対策は必要ありません。

というのも、iPhone自体がとてもセキュリティ対策がなされていて、あのApple社も「ウイルス対策はいらない」と見解を示しているくらいです。

iPhoneユーザーの方はアプリのインストールに「App Store」を使っていると思いますが、ここにアプリを登録する時に厳しい審査をクリアした安全性の高いアプリしか並んでいないんです。

そこで、iPhoneユーザーが気をつけるべきウイルス対策を簡単に紹介しますね。

  • 怪しいリンク、変な広告を開かない
  • パスワードを難しくする
  • App Store以外からアプリをインストールしない

これらを意識しておけばLINEモバイルでiPhoneを使う場合はセキュリティ対策は基本的に必要ありません。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

格安のAndroid端末は危険かも

これに対し、Android端末でLINEモバイルを使う方はセキュリティ対策に気をつけた方がいいかもしれません。

iPhoneと違うのは、厳しい審査を通っていないアプリのインストールが簡単にできてしまう点です。不安な方はセキュリティ対策をしておくと良いでしょう。

次からはセキュリティ対策をしたい方に具体的な方法をご紹介します。

不安な方におすすめフィルタリングオプション:ウイルスバスター

LINEモバイルのセキュリティ面で不安な方におすすめのフィルタリングオプションはウイルスバスターです。

セキュリティ対策といえばウイルスバスターというくらい有名ですよね。日本PTA全国協議会でも推薦されているくらいですので、お子さんに持たせる時にはおすすめですね。

LINEモバイルでは月額420円で簡単にウイルスバスターが利用できます。

これを使うと主に次の面で安全性が高まります。

・インスタ、LINE、Twitterなどの乗っ取り
・ワンクリック詐欺
・ウイルス感染

ちなみに、普通のウイルスバスターは1年版、2年版、3年版と分かれていて実はLINEモバイルのオプションとして入れるより安く済みます。

さらに詳しく知りたい方はLINEモバイルの公式サイトをチェック!

3-1:メリット【月単位で解約できるから楽】

市販のウイルスバスターは年単位なので途中で解約ができません。また、インストールする時にも住所氏名クレジットカードの情報などを入力するので面倒です。

3-2:デメリット【お金がかかる】

せっかく節約のためにLINEモバイルに乗り換えるのですから、極力有料のオプションは使わない方が良いです。

ただ、スマホとパソコン、タブレットなど合わせて最大3台まで使えるので、3台使う予定のある場合はコスパが最高になりますね。

3-3:LINEモバイルで使用する方法

次の順序で行うとできます。

  • マイページよりオプション加入
  • アクティベーションキーの確認
  • ダウンロード・インストール
https://bataotheworld.com/linemoile-mypage/
https://bataotheworld.com/linemobile-10gb-costperformance/

不安な方におすすめフィルタリングオプション:iフィルター

ウイルスバスター以外に使えるフィルタリングオプションは、i-フィルターというオプションです。

i-フィルターは、お子さんがスマホをインターネットの危険から守るためのサービスで、有害情報を含むサイトや、危険なサイトに意図せずアクセスしてしまうのを事前に防ぐことができます。

LINEモバイルを利用する人が18歳未満の場合は、フィルタリングアプリの利用は義務付けられています。18歳未満の方で、フィルタリングアプリを利用しない場合は、親権者の同意が必要になったりします。

最近ではSNSで知り合った人に誘拐されたり、暴行を加えられたりと悲惨な事件が増えていますので、お子さんの命を守るためにも、ぜひ検討してみてください。

まとめ

いかがでしたか。

LINEモバイルのセキュリティ対策は基本的には不要ですが、不安な方はウイルスバスターやiフィルターを導入すると安心だということがご理解いただけたかと思います。

それでは、内容をまとめますね。

  • LINEモバイルでiphoneを使う方は基本的にセキュリティ対策が不要
  • 格安のAndroid端末を使う方で不安な場合はウイルスバスター・iフィルターを導入する価値あり
  • 最近では悲惨な事件が増えているので女性は特に導入すべき

ぜひ、乗り換えや女性の格安SIMデビューへの参考になればと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

【この記事を読んでくれたアナタにだけ朗報】
ここだけの話、LINEモバイルではインターネットからの申し込みで月額料金がとってもお得になるキャンペーンを開催中です。

このキャンペーンは期間限定ですので、早い者勝ちですよ!

申し込みは必ずLINEモバイルの公式サイトから申し込んでくださいね!

ABOUT ME
ばたお
はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。