申し込み・乗り換え(MNP)

LINEモバイルへ申し込むのに必要な身分証明書は?注意点も

かな
かな
LINEモバイルに申し込むための身分証明書は何が必要なの 
お母さん
お母さん
免許証を持っていなくても申し込めるけど注意点もあるわ

LINEモバイルを申し込むにはどんな身分証明書が必要で、どんな身分証明書を用意しておけば、間違いなく申し込みが完了し、格安で携帯電話を使えるようになるのか、みてみましょう。

身分証明がない・もしくは申し込み時の記入欄の内容と身分証明書の内容が一致しないと審査に落ち、LINEモバイルに申し込むのに時間がかかってしまいます。

では、審査に落ちないために、どんな身分証明書が必要で、どんな身分証明書の種類があり、またどんな注意点があるのかご紹介します。

LINEモバイルの申し込みに使える身分証明書

『身分証明書は1つだけで審査を通過できるもの』と、『1つだけでは身分証明できるものとして扱われないもの』があります。

1番楽なのは「運転免許証」です。

これだけでLINEモバイルに申し込むための身分証明になります。

それぞれの身分証明書には、それぞれの書類の注意事項も書いておきますので、不備のない準備にお役立てください。

身分証明書は、以下のものがあげられます。

運転免許証

・住所変更などして新しい住所が記載されていない場合は住民票または公共料金領収書が必要

・期限の切れているものは無効

・国際免許では証明書として認められない

これが1つあれば、他の身分証明書を用意する必要はないので、とても楽チンです。

どうしても「写真がついていて恥ずかしいので送りたくない」という方は、次にご紹介する写真の要らない身分証明書、健康保険証と補助書類など写真の要らない身分証明書を用意しましょう。

LINEモバイルへの申し込みはこちら

健康保険証+補助書類(公共料金領収書または住民票)

・表、裏両面が必要になります

・有効期限のあるものは有効期限内のもしか使えません

在留カード+補助書類(公共料金領収書または住民票)

・表、裏両面が必要になります

・有効期限が2ヶ月以上あること(端末を分割払いでお申し込みの場合は6ヶ月以上)

マイナンバーカード

表面だけ必要です

日本国パスポート+補助書類(公共料金領収書または住民票)

・申し込みの時の住所・氏名・生年月日と、「日本国パスポート」の「所持人記入ページ」「顔写真ページ」に記載されている住所・氏名・生年月日が同じでないと使えません

・有効期限内でないと使えません

・日本国政府発行のものでないと使えません

・顔写真がきちんと確認できるないと使えません

住民基本台帳カード

・裏面に何も記載がない場合も裏面も必要です

・期限の切れているものは無効です

運転経歴証明書

発行日が平成24年4月1日以降でないと無効です

特別永住者証明書

裏面に何も記載がない場合も裏面も必要です

その他にもこんな書類も身分証明書として使えます。

身体障害者手帳
後期高齢者医療被保険者証 +補助書類(公共料金領収書または住民票)
特定疾患医療受給証 +補助書類(公共料金領収書または住民票)
特定疾患医療登録者証 +補助書類(公共料金領収書または住民票)
届出避難場所証明書

補助書類の注意事項

補助書類として注意事項を4点紹介します。

  • 『公共料金領収書』はプロパンガスの領収書ではダメです
  • 『住民票』はマイナンバーの記載がないものを使う
  • 顔写真がある身分証明書は顔写真が確認できないと無効になります
  • どの書類も有効期限の切れているものは使えません

【結論】楽なのは免許証。顔バレが嫌なら保険証

私は身分を証明しなければならない時は『運転免許証』を提示しています。しかし、運転免許証をお持ちでない方もいますよね。

そうすると大体の方が持っているであろう、そして財布に入れっぱなしの方も多いであろう『健康保険証』が早いですよね。

しかし、補助書類(公共料金領収書または住民票)が必要になるので、内容のまちがっていないものを準備してくださいね。

LINEモバイルの申し込みはこちら

ネット申し込みの時の身分証明書はどうやって送るのか

店舗へ出向いて契約をするときは身分証明書や書類を持って行きますよね。では、インターネットサイトから申し込みする場合にはどうしたら良いのでしょうか?

結論から言うと、『本人確認書類(必要な場合は補助書類も)を、申し込み時にアップロード(写真を撮ってインターネットを使って送る)して、申し込み先へ申請する必要があります』

たったこれだけです。わざわざ送料をかけてまで送る必要はありません。

最大3枚までアップロードすることができます。

やり方(スマートフォンからお申し込みの場合)

  • スマートフォンのカメラで撮影

やり方(パソコンからお申し込みの場合)

  • デジタルカメラで撮影、またはスキャナーなどで読み取る

注意点

  • 申し込みした時に入力した内容と、本人確認書類の内容が同じでないお申し込みはキャンセルになります
  • 書類の不備がある場合、または本人確認書類のご提示が無い場合は申し込みできません
  • LINEモバイル側で顔写真の確認が良くできない場合には再提出していただく旨の連絡が届きます
https://bataotheworld.com/linemobile-entry-flow/

まとめ

私はいつも運転免許証しか身分証明書として使わないので、こんなにたくさんの身分を証明できるものがあると知って驚きました。

また、顔の見えない『健康保険証』などは補助書類が必要になることも知らなかったです。

店舗へ出向いて新規申し込みをする場合も、インターネットから新規申し込みをする場合でも、どちらも身分証明書は必要になります。

LINEモバイルに乗り換えると最低でも月々3,000円はお安くなりますので、その3000円でいつもは手の出せないちょっとお高いお肉を買って豪華な夕飯にしてみたり、ヘソクリで貯めておいて半年後にはエステに行ったり、1年後にはブランドバッグなど買うのもいいですね。

ぜひ、乗り換えの参考にしてみてくださいね。

【この記事を読んでくれたアナタにだけ朗報】
ここだけの話、LINEモバイルではインターネットからの申し込みで月額料金がとってもお得になるキャンペーンを開催中です。

このキャンペーンは期間限定ですので、早い者勝ちですよ!

申し込みは必ずLINEモバイルの公式サイト

管理人の私ばたおですが、これまで大手キャリア(ソフトバンク)のスマホを長年使い続けてきましたが、

LINEモバイルに乗り換えた結果、年間10万円以上節約することに成功しました。

その体験談を次の記事で紹介していますので、LINEモバイルをご検討されていらっしゃる方はご一読いただければ幸いです。

ABOUT ME
ばたお
はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。