Q&A

【ガッカリ】LINEモバイルでdアカウントが使えない1つの注意点

かな
かな
docomoからLINEモバイルに乗り換えようと思うんだけど、dアカウントは使えなくなっちゃうのかな?
お母さん
お母さん
実はあることを忘れると使えなくなっちゃう場合があるわ

ドコモユーザーならば、ほとんどの人が持っている「dアカウント」。

dアカウントを持っていれば、dTVdファッションなどのドコモが提供する様々なサービスを受けることができます。


LINEモバイルでは基本的にdocomodアカウント(旧名:docomo IDは使えますが、


LINEモバイルでdアカウントが使えない場合があるので、既にdアカウント(旧名:docomo ID)を使っている方でLINEモバイルに乗り換えを検討されている方は、この記事をよく読んでぜひ参考にしてみてくださいね。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルはドコモのdアカウント(旧名:docomo ID)が使える格安SIM

LINEモバイルはドコモのdアカウント(旧名:docomo ID)が使える格安SIMです。


そのため、LINEモバイルではd系のサービスであるdTVdブック、dマガジン、dトラベル、dミュージックなど、docomoで提供されているキャリアフリーサービスが全て利用できます。


「docomoユーザ限定かと思ってたから嬉しい!!」

と、乗り換え前に知っておくと得した気分になれますよね。


dアカウントを取得しておけばdocomoからLINEモバイルへ乗り換えた後もサービスが利用できるので、例えば、動画サービスや雑誌読み放題サービスを

購読している方は、dアカウントを登録しておくと便利です。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルを契約してからドコモのdアカウント(旧名:docomo ID)を使う方法と注意点

冒頭でもお話ししましたが、LINEモバイルはドコモのdアカウント(旧名:docomo ID)が使える格安SIMです。


LINEモバイルを契約してからドコモのdアカウント(旧名:docomo ID)を使う方法は2つあります。


1つ目は、すでに持っているdアカウント(旧名:docomo ID)をLINEモバイルでも使う方法


もう1つは、新規でdアカウント(旧名:docomo ID)を作成する方法です。


LINEモバイルは大手3社と直接契約していなくても、LINEモバイルに乗り換えるだけで、回線はdocomo回線でも、au、softbank回線でも


dアカウント(旧名:docomo ID)を新規取得してdアカウントを使う系のサービスを使うことができます。

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルですでに持っているdアカウント(旧名:docomo ID)を使う【注意事項必見!】

今ドコモを契約していてdアカウント(旧名:docomo ID)をお使いになっている場合は、そのアカウントをLINEモバイルに乗り換えた後でも使うことができます。


ただし、docomoからLINEモバイルに乗り換える前、dアカウント(旧名:docomo ID)で使っているメールアドレスをdocomoのメールアドレスではなく、YahooメールやGmailなどの、

docomoの解約後も使えるメールアドレスに変更しておくことが重要です。


LINEモバイルに乗り換えると、docomoは自動的に解約されます。

そのため、dアカウント(旧名:docomo ID)を使う時に必要な2段階認証の
認証コードをdocomoのメールアドレスで受け取れないので、メアドをdocomoのままにしておくとdアカウントが使えなくなってしまいます。

docomoからLINEモバイルに乗り換える前にYahooメールやGmailなどのメールアドレスに変更しておけば問題ありません。

LINEモバイル契約後に新規でdアカウント(旧名:docomo ID)を作成取得する


















LINE
モバイル契約後でdocomoを解約済みとなってしまい、


「しまった!dアカウントが使えなくなってしまった」


なんて場合でも、dアカウント(旧名:docomo ID)を新規取得して利用することができます。

手順は次の通りです。

1.dアカウント新規作成からメールアドレスを記入

2.メールアドレスを確認すると、そのメールアドレスにワンタイムキーが届くので記入

3.ネットワーク暗証番号が求められた場合、4桁のネットワーク暗証番号を入力

4.接続環境に応じて、ワンタイムキーが発行される場合がありますので、SMSで届いたキーを、表示された画面に入力

5.好きな文字列か連絡先メールアドレスをIDにするか選択

6.基本情報を入力

7.利用規約に同意して、dアカウントの発行完了画面が表示されたら完了

LINEモバイルで使えるdアカウント(旧名:docomo ID)のサービス一覧
















LINEモバイルでは、以下のdアカウント(旧名:docomo ID)を使うd系のサービスが使えます。


docomoで契約している場合としていない場合で使える対応サービスは異なってきますが、一覧は以下のサイトから確認することが可能です。



もしdocomoからLINEモバイルへ乗り換えを検討している場合は、dアカウントを取得することで利用不可となって困るサービスがないか確認しておくべきでしょう。

【LINEモバイルで使えるサービス一覧】
・OUTLET PEAK

・あんしんセキュリティ

・あんしんナンバーチェック

・WATCHY

・ABC Cooking Studio

・OKBIZ. for Community Support

・OKWAVE

・おくすり手帳Link

・gacco

・Club J.LEAGUE

・KOBE LETTUCE(神戸レタス)

・Jリーグ公式オンラインストア

・Jリーグチケット

・Japan Welcome SIM & Wi-Fi

・Shift for docomo

・趣味人倶楽部

・ショップジャパン

・新体感ライブ

・DAZN for docomo(ダ・ゾーン フォー ドコモ)

・tabihapi

・タワーレコード

・dアニメストア

・dエンジョイパス

・dカーシェア

・dカード

・dカード プリペイド

・dキッズ

・dグルメ

・d払い

・dゲーム

・dショッピング

・dジョブ

・dジョブ(スマホワーク)

・dTV

・dTVチャンネル

・dデリバリー

・dトラベル

・dヒッツ powered by レコチョク

・d fashion

・dブック

・dヘルスケア(300円)

・dポイントクラブ

・dマガジン

・dミュージック powered by レコチョク

・dメニュー

・dmenu ニュースアプリ

・ディズニーデラックス

・THEO+[テオプラス] docomo

・docomo IoT製造ライン分析

・docomo Application Manager

・ドコモオンラインショップ

・ドコモオンライン手続き

・ドコモコーポレートサイト

・ドコモ地図ナビ

・ドコモテレビターミナルアプリ

・ドコモ ドライブネット

・ドコモnet

・ドコモのペット保険

・ドコモ・バイクシェア

・ネットトータルサポート

・はぴeみる電

・ひかりTV for docomo

・光ルーターセキュリティ

・ビジどこ会員サイト

・Favo Square

・BOOKWALKER

・ポイント投資

・ポイント広場

・母子健康手帳アプリ

・my daiz

・My docomo

・マガシーク

・マネレコ

・ままのわ

・ミューズコー

・来店予約

・Runtastic for docomo

・WM(わたしムーヴ)アプリ

参考:dアカウント対応サービス一覧

LINEモバイルの公式サイトはこちら

LINEモバイルはdアカウント(旧名:docomo ID)がなくてもLINEの年齢認証はできるのか?

さて、dアカウントについての説明をしてきましたが、


「dアカウントがない場合、LINEモバイルではLINEの年齢認証ができるのでしょうか」

と疑問に思う方も多いと思います。



そこで、LINEの年齢認証ができる格安SIMはどこなのか?についても紹介しておきますね。

LINEモバイルはdアカウント(旧名:docomo ID)がなくてもLINEの年齢認証ができる格安SIM

通常、LINEID検索機能を使うにはLINEの年齢認証を突破していることが必要ですが、LINEの年齢認証ができるのはdocomoauSoftBankの大手キャリアと、LINEモバイルの4キャリアだけなんです。


そう、LINEモバイルは

格安SIMで唯一、LINEの年齢認証ができる格安SIMなんです。

LINEモバイルの格安SIMdocomo回線のSIMカードでもau回線のSIMカードでもSoftBankSIMカードでもSMSなしのデータ通信のみのSIMカードでLINEの年齢認証ができます。


そのため、月額500円だけでLINEID検索ができるスマホやiPhoneを持つこ
とができます。

LINEモバイル以外の格安SIMLINEの年齢認証ができない

これに対し、LINEモバイル以外の格安SIMは、どの格安SIMであってもLINEの年齢認証はできません。


そのため、LINEID検索で友達を検索して追加することができないので利便性が低くなります。


今や連絡手段はメールではなくてLINEとなっている現代では、LINEを便利に使えるスマホじゃないと厳しいですよね。

まとめ:LINEモバイルでdアカウント(旧名:docomo ID)は使えます!
















いかがでしたでしょうか。

LINEモバイルに乗り換えてdocomoの契約が解約になっても、dアカウントを
取得しておけばほとんどのキャリアフリーサービスは利用可能です。

ただし、乗り換え前にGmailなどのフリーメールアドレスを作っておいてdアカウントに登録してあるメールアドレスを変更しておかないと新規取得することになってしまいますので。

docomo契約時にd系コンテンツを使っていた方も安心して乗り換えることが
できますね。

また、LINEモバイルは他の格安SIMと違い、LINEの年齢認証ができるので、乗り換えの参考になれば幸いです。

ABOUT ME
ばたお
はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。