申し込み後

【初心者向け】LINEモバイルのAPN(プロファイル)設定手順

格安SIMの比較検討お疲れ様でした。LINEモバイルに決めて契約し、届いたSIMカードをスマホに挿入したあなたは、晴れて今日からLINEモバイルユーザーです。

でも、使い始める前に、ちょっと待ってください。LINEモバイルスタートキットが手元にあるでしょうか。

そこには、こんな記載があります。

マニュアルに記載されている初期設定を行わないと、SIMカードを挿入しただけでは利用できないんです。

今まで大手キャリアまたは他の格安SIMで使っていたスマホやタブレット端末にLINEモバイルのSIMカードを初めて挿入した場合、最初に一回だけしなければいけない作業があります。

この初期設定をしなければ、電波受信のマークが全部バッチリ立っていたとしても、いつまでもLINEモバイルユーザーにはなれないんです。

これから格安SIMデビューを考えているという方は、こういう作業があるからなかなか踏み切れずにいる…ということもあると思います。

APN設定は、格安SIMデビューをする時に必ずやるべきとっても大切な作業ですが、画像どおりにやれば、スマホもタブレットも正しく機能しますので、ご安心ください

APN設定とは

APNとはAccess Point Nameの略で、「接続する/地点の/名前」つまりネットを接続する場所の名前という意味です。これは会社やプランによって異なります。

スマートフォンやタブレット端末は、マルチタスクな道具ですが、浮気できない一途な心を持っています。

SIMカードを入れ替えたとしても、心が大手キャリアのAccess Pointに向いている間は、新しいSIMカードを受け付けることができません。

これからするAPN設定は、そんな一途なスマートフォンに、「今日からは君はこっちだよ」と教えてあげる作業…心を切り替えさせる作業みたいなものです(笑)

スマホ本体もLINEモバイルで購入した場合は、既にLINEモバイル用に設定されているので、この作業は必要ありません。心配な方にはこちらがおすすめです。

APN設定の前に…

  • SIMカードを端末に入れましょう。
  • 設定画面から端末情報(デバイス情報)を開き、電話番号の表示が間違いなく新しいSIMカードの番号になっていることを確認します。(iOS端末では設定>電話アプリで確認できます)
  • iOS端末の方はWi-Fi環境に行き、Wi-Fiに接続しましょう。Android端末の方はWi-FiをOFFにしましょう。

APN設定-Android端末バージョン

LINEモバイルの公式サイトにも、初期設定の方法が載っているのですが、ドコモ回線の方のAPN設定には2種類あるような書き方になっています。

何が違うのでしょうか。

LINEモバイルの申し込み画面にはこんな記載がありました。

■2019/2/18以前の旧料金プランで申込の場合
【LINEフリーの場合】
月額基本利用料と同額。
データSIMは500円、データSIM(SMS付き)は620円、音声通話SIMは1,200円です。
【コミュニケーションフリーの場合】
データ容量に関わらず、データSIM(SMS付き)は620円、音声通話SIMは1,200円です。
【MUSIC+の場合】
データ容量に関わらず、データSIM(SMS付き)は620円、音声通話SIMは1,200円です。
URL  https://mobile.line.me/plan/  から引用

つまり、こういうことみたいです。

ドコモ回線がソフトバンク回線とau回線と少し設定が異なるのは同じですが、現在はドコモ回線内で設定の違いはない、ということですね。安心しました。

APNの設定画面を開くと、たくさんの項目があります。似たような表示の項目もあって混乱してしまいますが、以下の画像をそのまま入力すれば大丈夫です

ドコモ回線

  • [設定]>[モバイルネットワーク]>[アクセスポイント名]>[新しいAPN]を選択する
  • 下記の情報を入力・保存してから選択する

*APN一覧から[LINEモバイル]を選択しても通信できません。

名前LINEモバイル(ベーシック)
APNlinemobile.jp
ユーザー名line@line
パスワードline(****と表示されます)
認証タイプPAPまたはCHAP

ソフトバンク・au回線

  • [設定]>[モバイルネットワーク]>[アクセスポイント名]を選択する
  • [LINEモバイル]を選択する

APN一覧に[LINEモバイル]が無い場合は、以下の情報を入力・保存してから選択する

名前LINEモバイル
APNline.me
ユーザー名line@line
パスワードline(****と表示されます)
認証タイプPAPまたはCHAP

APN設定-iOS端末バージョン

iOSは簡単です。プロファイルダウンロードという作業をするだけです。

「構成プロファイル」というファイルに、アクセスポイントの情報つまりプロフィールがまとめられているので、それをダウンロードするという作業です。

[設定]>[一般]>[プロファイル]と開くと、今までの構成プロファイルが入っているので、それをタップして[プロファイルを削除]を先にしておきます。画面ロック解除のパスコードを入力し、[削除]を押せば完了です。

Wi-Fi環境に行き、Wi-Fiに接続した状態にします。

下記の画面からプロファイルをインストールします。

[許可]>[閉じる]> “設定”アプリを開く
「プロファイルがダウンロードされました」をタップ

「LINEモバイルAPN」もしくは「LINEモバイル(ベーシック)」のプロファイルが表示されているのを確認し、
[インストール]> 画面ロック解除のパスコード入力 >[インストール]

[インストール]>[インストール]>[完了]

これでプロファイルダウンロードの完了です。おつかれさまでした。

まとめ

いかがでしたでしょうか。「やっぱり心配」「意外と簡単そう」でしょうか。

この作業は申込んでSIMカードが届いてからの作業なので、申込みはこれからという方は、今はまだ悩まなくて大丈夫ですよ。

APN設定は、格安SIMデビューをする時に必ずやるべきとっても大切な作業です。

少し煩わしいのは事実ですが、この作業さえできれば、今までに使い慣れたスマホ本体を手放す必要なく、毎月の使用料を安くすることができます。本体料金を新たに支払う必要も生じません。

最初の一回だけ頑張って、LINEモバイルを活用してください。

【この記事を読んでくれたアナタにだけ朗報】
ここだけの話、LINEモバイルではインターネットからの申し込みで月額料金がとってもお得になるキャンペーンを開催中です。

このキャンペーンは期間限定ですので、早い者勝ちですよ!

申し込みは必ずLINEモバイルの公式サイトから申し込んでくださいね!

管理人の私ばたおですが、これまで大手キャリア(ソフトバンク)のスマホを長年使い続けてきましたが、

LINEモバイルに乗り換えた結果、年間10万円以上節約することに成功しました。

その体験談を次の記事で紹介していますので、LINEモバイルをご検討されていらっしゃる方はご一読いただければ幸いです。

格安スマホに乗り換えて年間10万円以上節約に成功 こんにちは、ばたおです。今回は、スマートフォンの料金の高さに疑問を抱いた家族が、格安SIMに乗り換えた結果、年間10万円以上節約できた...
ABOUT ME
ばたお
はじめまして、ばたおです。 長年大手キャリアの携帯電話を使い続けていましたが、 夫だけの給料では厳しく、子どもにお金がかかるので、 ここで家族で生活費の見直しをしようと、 それまで個人で月1万円以上かかっていた携帯代を見直し、格安スマホに乗り換え、 家族で年間10万円以上を節約することに成功。 それまで携帯代に消えていたお金が旅行代など自分の使いたいお金に変わりましたし、なんだか得した気分になれている、そんな毎日をおくれています。 むしろ、「もっと格安スマホに詳しくなろう!」と向上心を持つこともできています。 今はお金に多少の余裕も持てていますし、毎日前向きに生きています。 なんだかんだ、 「格安スマホに失敗しないで乗り換えたい」と考えるアナタへ 有力な情報を発信していきます。